ハンターカブCT125の足つきが悪い場合の改善に役立つシートやローダウンサスをご紹介。

ハンターカブCT125の足つきが悪い場合の改善に役立つシートやローダウンサスをご紹介。

CT125ハンターカブは意外にも足つきの悪いバイクです。

私はCBR400RからCT125への乗り換えでしたが、400ccフルカウルバイクであるCBR400Rより足つきが悪いことに驚いた記憶があります。CBR400Rが785mmに対しCT125は800mm。

身長171cmの私でもベッタリではないので、150cm台の女性などの場合はちょっと注意が必要です。

この記事ではCT125ハンターカブの足つきを改善する方法をご紹介

  • ダウン幅比較
  • 価格比較
  • レビュー/評価比較

ローダウンサスだけでなく、ローダウンシートなどもあるので予算や好みの合わせて探してみてください!

CT125ハンターカブはシートが高く足つきが悪い

まずは158.6cmの女性がCT125ハンターカブの足つき検証を行っていたのでご紹介。とてもわかりやすい動画、感謝です。

動画引用元:youtube「【モトブログ】身長158.6cmの女がシート高800mmのハンターカブct125に跨るとこうなるというだけの動画です」

個人的には165cmを下回る場合、ローダウンを検討したほうがいいように思います。

CT125ハンターカブ足つき改善策のコスト比較

CT125ハンターカブの車高を下げて足つきを良くする場合、方法は「ローダウンシートに交換」するか「ローダウンサスに交換」のどちらかです。意外にも、ローダウンシートの方がローダウンサスより価格が高いという結果に。

CT125用ローダウンシート比較

K&H以外はタイのメーカーです。以前は[NOI WATDAN JAPAN]というブランドのCT125用ローダウンシートも販売されていましたが、現在はどこも売切れとなっています。

商品 最安価格 ダウン幅
K&H 44,000円 -10mm
TWR縦 15,680円 -20mm
TWR横 15,680円 -20mm
TWR茶 15,680円 -20mm
TWRチェ 16,680円 -20mm
TWRダイヤ 16,680円 -20mm
DIABLOチェ 15,300円 -20mm
DIABLOダイヤ 13,800円 -20mm
DIABLO波 16,000円 -20mm
DIABLO茶 15,900円 -20mm

※DIABLO(ディアブロ)のダウン幅はレビューなどからの推測です。公式に発表されていません。

CT125用ローダウンサス比較

商品 最安価格 ダウン幅
YSS 345mm 9,660円 -20mm
SP武川 345mm 13,750円 -25mm
SP武川 330mm 13,108円 -40mm

CT125用ローダウンシートの口コミ/レビュー/インプレ

CT125用ローダウンシートの口コミやレビューをブランドごとにご紹介いたします。

K&H(ケイアンドエイチ) CT125 そら豆(ロー)シート

K&H CT125用 そら豆(ロー)シート
created by Rinker

K&H(ケイアンドエイチ)のそら豆(ロー)シートは10mmダウンとダウン幅が最も小さいシートですが、こだわり抜いた特殊形状により10mmダウン以上の足つきの良さとニーグリップをしているかのような感覚を味わえるとのことです。

しかし、純国産で作り手のこだわりが込められたシートということもあり、最も高額な44,000円。

非常に高価なので、Amazon・楽天・yahoo・webike・youtubeに口コミは無しでした。バイク雑誌のレビュー記事を貼っておきます。

K&H公式ブログのそら豆製作工程はコチラ

webオートバイのそら豆レビュー/インプレ記事はコチラ

off1.jpのそら豆レビュー/インプレ記事はコチラ

TWR CT125用 ローダウンシート

TWR CT125 ローダウンビンテージシート(縦パイピング)
created by Rinker
TWR CT125 ローダウンシート(タックロール)
created by Rinker
TWR CT125 ローダウンシート(ブラウン)
created by Rinker
TWR CT125 ローダウンシート(チェック)
created by Rinker
TWR CT125 ローダウンシート(ダイヤ)
created by Rinker

CT125ハンターカブ乗りなら誰もが見たことのあるタイのメーカー「TWR」は、4種類のローダウンシートを販売しています。

縦縞、横縞、チェック、ダイヤ格子、波形とステッチが異なり、ステッチ無しのブラウンもラインナップ。

TWR CT125用 ローダウンシートのレビューまとめ

Amazon・楽天・yahooショッピングにてレビューをチェックし、まとめました。

良いレビュー

  • 尻が痛くなる程度は純正と変わらず(縦パイ)
  • 155cmでつま先がつくように(縦パイ)
  • 160cmでカカトがつくように(縦パイ)
  • イメージとしては5cm低くなった感覚(タック)
  • 樹脂部分がしっかりしている(タック)
  • 硬めで逆に疲れにくい(タック)
悪いレビュー

  • 尻が痛く最悪(タック)
  • ノーマルと比べると尻が痛い(ブラウン)
  • 裏側滑り止めが1つ無かった(ブラウン)
  • 座面幅が純正+5mm程度あるので足つき変わらず(タック)

ほとんどの口コミが「足つきが良くなった」という評価でした。薄い分、純正より硬くなりますが、平気という方も複数いらっしゃいました。

純正より幅が広いというレビューが2件ほどあったので幅は広いようです。「幅広なので純正より薄いのに足つきが変わらない」というレビューと「足つきが良くなった」が混在しているのは、人によってシートポジションが異なるからだと思います。シートの前と後ろ、どちらに座るかで足つきが変わるようです。
(シートポジションによる違いには「DIABLO(ディアブロ) CT125用 ローダウンシートのインプレ動画」部分で触れています。)

不良品など検品漏れは、今のところタイ製品のバイクパーツでは避けられません。運です。

DIABLO(ディアブロ) CT125用 ローダウンシート

DIABLO(ディアブロ) CT125 シート(チェック)
created by Rinker
DIABLO(ディアブロ) CT125 シート(ダイヤ)
created by Rinker
DIABLO(ディアブロ) CT125 シート(波模様)
created by Rinker
DIABLO(ディアブロ) CT125 シート(ブラウン)
created by Rinker

タイのカスタムショップK-SPEED製作のローダウンシートです。youtubeでも紹介している動画がいくつかありました。薄シートと極薄なるものが存在するようですが、どれが薄でどれが極薄かは定かではありません。

また薄が-何センチダウンなのか、極薄が-何センチダウンなのかも公式に発表されていません。

DIABLO(ディアブロ) CT125用 ローダウンシートのレビューまとめ

Amazon・楽天・yahooショッピングにてレビューをチェックし、まとめました。

良いレビュー

  • 多少足つきがよくなった(チェ)
  • ノーマルよりお尻の痛み軽減(ブラウン)
悪いレビュー

  • 裏面滑り止めがすべて不良品(波)

レビューが少なめでした。恐らく、こちらも純正より幅は広くなるものと思われます。

不良品など検品漏れは、今のところタイ製品のバイクパーツでは避けられません。運です。

DIABLO(ディアブロ) CT125用 ローダウンシートのインプレ動画

youtubeにてDIABLO(K-SPEED)のインプレ動画があったのでご紹介します。

足つきが良くなったというレビュー

動画引用元:youtube「【シートカスタム】更に4577gも軽量化!」

足つきが良くなったというレビュー(コメント欄)

動画引用元:youtube「HONDA CT125 カスタム第5弾 シート交換(K-SPEED製)」

足つきが変わらないというレビュー

動画引用元:youtube「【CT125ハンターカブ】ローダウンシートに変更!だけど全く変わらない」

足つきが変わらないというレビュー

動画引用元:youtube「CT125 ハンターカブ K-SPEED製シート装着後近況報告です。」

ローダウンシートで足つきは良くなるか?変わらないのか?問題

同じDIABLO ダイヤ格子柄のシートのレビューなのですが、「足つきが変わらない」「足つきが良くなった」どちらの感想もありました。

動画を観て検証してみましたが、恐らくシートの前の方に座る人は足つきが良くなったと感じ、後ろの方に座る人は足つきがあまり変わらないと感じるのではないかな?と思います。※あくまでも推測です。

パイピング加工が施されたシートは浸水対策・防水加工必須

注意
タックロールやダイヤなどパイピング加工されたシートは雨に濡れると水が染みこみます。ご自身で加工する必要がでてきます。
動画引用元:youtube「【もうお尻を濡らさない…!!】レブルのシートに防水加工するぞ!!【Rebel250 メンテナンス】」

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革
created by Rinker

CT125用ローダウンサスの口コミ/レビュー/インプレ

CT125用ローダウンサスの口コミやレビューをブランドごとにご紹介いたします。

YSS製 DTGリアショックアブソーバー CT125

YSS製 DTGリアショックアブソーバー 345mm(2色展開)
created by Rinker

バイク用サスペンションの有名メーカー「YSS」の20mmローダウンサスです。口コミは少ないですが、信頼感のあるメーカーなうえお手頃価格なのでチャレンジしやすいアイテムです。

YSS製 DTGリアショックアブソーバー CT125 レビューまとめ

良いレビュー

  • かなり足つきが良くなった
  • ノーマルより適度に硬い
  • 3.25ブロックタイヤでも問題なく使用でき足つきが良くなった

悪いレビューはありませんでした。

SP武川(タケガワ) ローダウンリアショックアブソーバーの口コミ/レビュー/インプレ

SP武川 ローダウンリアショックアブソーバー 345mm(4色展開)
created by Rinker
SP武川 ローダウンリアショックアブソーバー 40mmダウン(4色展開)
created by Rinker

SP武川(タケガワ)は25mmダウン、40mmダウンの2種類販売しており、背の低めな方の強い味方です。サスのカラーがブラック(黒)、イエロー(黄)、レッド(赤)、シルバーメッキ(銀)の4色ラインナップされている点も魅力です。

40mmダウンする場合は、サイドスタンドを変更しないとバイクが倒れやすくなってしまうようです。もしくはセンタースタンドを利用しましょう。

SP武川 アジャスタブルサイドスタンド
created by Rinker

SP武川(タケガワ) ローダウンリアショックアブソーバーの取り付け&インプレ動画

Amazonや楽天には今のところレビューはありませんが、youtubeにインプレ動画がアップされていました。

動画引用元:youtube「[CT125カスタム]SP武川・ローダウンサスペンションで25㎜シート高ダウン!!純正高との比較も!」

動画引用元:youtube「CT125 武川ローダウンショックアブソーバーにカスタムしてみました‼️」

動画引用元:youtube「CT125 ハンターカブ タケガワ ローダウンリアショックアブソーバー 足つき改善 おすすめカスタム」

いずれもSP武川(タケガワ) ローダウンリアショックアブソーバーに満足されているような内容でした。40mmダウンの取り付け動画やレビューなどは現時点で見当たりません。

CT125ハンターカブの足つき改善まとめ

CT125ハンターカブをローダウンについてまとめます。

  • シートの方が高価
  • シートの方が取り付けが簡単
  • サスの方がダウンさせられる

SP武川のサスであれば25~40mmダウンすることができ、シートも合わせて交換すると45~60mmダウンできることになります。

私がローダウンする場合、まずはシートを交換してみます。CT125ハンターカブの純正サスの感触、とても気に入っているので。

足つきに不安がある方は、是非検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください