中華製で安いバイク用インカム「FODSPORTS」の機種ごとの違いを比較しておすすめを決めました。取り付け方法やインプレ&レビュー動画もご紹介。

おすすめ激安インカム「FODSPORTS」の機種を徹底比較。モデルごとの取り付け方やインプレ動画もまとめました。

今は安いうえに高性能なインカムが豊富にありますが、その中でも大人気の中華メーカー「FODSPORTS」の各モデルの違いを比較してみました。

  • 「FODSPORTSのインカム、どれがいいか迷っている」
  • 「モデルによる機能の差を知りたい」
  • 「一番コスパの良いモデルを知りたい」
  • 「どんな機能が自分に必要かわからない」
  • 「セナやビーコムと繋げるか知りたい」
私が数年前に購入したデイトナのインカム「イージートーク3」と比べても遥かに高性能な上に安い!本当に良い時代になりましたね。

この記事ではFODSPORTSブランドの「FX4 PRO」「FX6」「FX8」「M1-S Pro」「M1-S Plus」の5機種を比較します。

デイトナ「イージートーク3」も中華製と変わらない感じ(OEM品?)でしたが、めっちゃ活躍してくれています。

正直サインハウスのビーコムやSENAなどの数万円するインカムじゃなくても満足できる人がほとんどだと思いますので、インカムを購入する際はFODSPORTSのような中華製インカムも候補にいれましょう!

人と走るならインカムは必須
一度インカムを使ってお喋りしながらのツーリングを経験すると、インカム無しのツーリングには戻れません。インカム無しで誰かとツーリングするぐらいなら1人で走ったほうがマシってなります。

個人的な結論は「FX6」か「FX8」が良いと思います。

FODSPORTSインカムの種類とモデルごとの違いを比較

FODSPORTSのインカムには様々なモデルがあります。一つの表にしてしまうと見づらくなりますので、項目をわけて比較していきます。

比較した結果、新しく機能性の高い「FX6」か「FX8」がオススメでした。

並び順は以下の通りです。

FODSPORTS インカム FX4
created by Rinker
FODSPORTS インカム FX6
created by Rinker
FODSPORTS インカム FX8
created by Rinker
FODSPORTS インカム M1-S Pro
created by Rinker
FODSPORTS インカム M1-S Plus
created by Rinker

値段とレビュー比較

正直、性能差はそこまで気にする必要ないと思います。なので、選ぶ際に重要な価格とamazonレビューから比較します。

モデル 価格 レビュー
FX4 8,299円 4.1 / 5(200件)
FX6 8,699円 4.1 / 5(600件)
FX8 9,999円 4.1 / 5(105件)
M1-S Pro 9,499円 4.3 / 5(1765件)
M1-S Plus 10,699円 4 / 5(345件)

amazonレビューは2021年9月4日時点です。

レビュー件数は圧倒的に「M1-S Pro」が多いですが、発売開始日が最も古いからだと思います。

amazonでの発売開始日比較

中華セラーの商品はどんどんバージョンアップするので、発売日だけでどれが新しいかは判断しにくいですが、ある程度の指標にはなります。

モデル 発売日
FX4 2020/9/28
FX6 2020/1/1
FX8 2020/9/21
M1-S Pro 2017/12/18
M1-S Plus 2020/8/22

同時通話人数、bluetooth、防水性能の比較

同時通話人数、bluetoothのバージョン、防水性能を比較します。

モデル 人数 Blue 防水
FX4 4人 4.2 IPX6
FX6 6人 5.0 IPX6
FX8 8人 4.1 IPX6
M1-S Pro 8人 4.1 IPX5
M1-S Plus 6人 4.2 IP65

同時通話人数は色々考えると多くても仕方ない気がします。そもそも大人数で走る機会が少なかったり、大人数となるとメーカー違いの兼ね合いで繋げなかったりするので、同時通話人数はあまり気にしなくていいと思います。

防水性能はM1-S ProとM1-S Plus(IPXで表現するとIPX5)が低く小雨で使えますレベル、その他はすべてIPX6で強い雨でも使えるレベルです。

bluetooth4.1、4.2、5.0の互換性や違いについて

bluetoothは数字が大きければ大きいほどバージョンが新しいので、FX6のbluetooth5.0が最も最新のバージョンですね。

5.0は4.2と比べて「通信範囲が約4倍広い」「転送速度が約2倍速い」点が特徴です。4.1と4.2は大差ありませんが、4.2→5.0は大幅に進化しています。

4.0から現時点最新の5.0までは互換性があるので、4.2と5.0のインカムやスマホでも通信は可能となります。

使用時間、充電時間、バッテリー容量の比較

ロングツーリングの際に重要な使用時間や、旅先での充電時に気になるフル充電時間はかなり大事なポイントです。

モデル 使用 充電 電池容量
FX4 18時間※1 約3時間 850mAh
FX6 10時間 約2.5時間 500mAh
FX8 12時間 約3時間 900mAh
M1-S Pro 12時間※1 約3時間 900mAh
M1-S Plus 12時間※1 約3時間 900mAh

※1.M1-S ProやM1-S Plusの商品名に入っている「連続使用20時間」は、インカム同士での通話ではなくスマホとつないで音楽を聞いたりナビを使用したりする際の使用時間かと思われます。バッテリー容量やレビュー内容からインカム同士で接続している場合は12時間程度かと思います。

FX4も18時間とはなっていますが、850mAhなので18時間は厳しいと思います。

中華セラーはここらへんの表記が曖昧な点が困りものですね。

FX6は500mAhながらもインカム同士で接続して10時間以上使えるようです。レビューに何件か口コミがあり、最大11時間以上使えたという口コミも。bluetooth5.0なのでバッテリー持ちが良いのかもしれません。

ロングツーリングの際のインカム使用時間

経験則から考えると、インカム同士で繋いで会話しながら朝から夜まで1日中走るツーリングの場合、12時間でギリギリです。私は帰宅時に切れたことが何度かあります。

モバイルバッテリーを準備し、食事中や観光中にこまめに充電することをおすすめします!

Anker PowerCore 10000mAh
created by Rinker

モバイルバッテリーはAnkerを選んでおけば間違いないと思います。スマホやGoProも充電できるし、ツーリングにあって損無しのアイテムですね!

ライダー間の最大通信距離の比較

最大通信距離と2人でインカムを繋いで話す時の最大通信距離の比較です。基本的には「2者間の通信距離」だけ気にしていれば大丈夫だと思います。

私はデイトナ クールロボイージートーク3で、2者間の通信距離が200mですが問題なく使えています。なので400~500mあれば十分ですね。

モデル 最大通信 2者間の通信距離
FX4 1200m 400m
FX6 1000m 記載無し
FX8 2000m 500m
M1-S Pro 2000m 500m
M1-S Plus 記載無し 500m

ラジオ、ノイズキャンセリングを比較

あって損はない機能のラジオ・ノイキャン・Siri(iPhoneの音声アシスタント)対応の有無を比較します。

モデル ラジオ ノイキャン Siri
FX4
FX6
FX8
M1-S Pro × ×
M1-S Plus

M1-S Proは発売年が古いこともあってレビューが圧倒的に多いモデルです。レビューの多さから現在でもM1-S Proを選ぶ人が多いですが、機能面は他モデルのほうが良さそうです。

AUX有線入力の有無を比較

AUX有線入力端子があると、スマホとインカムをケーブルで有線接続できることができます。優先ケーブルでスマホから音楽を流しつつ、インカムのBluetooth同士で通話できるみたいな感じですね。

現実的に考えると優先接続は結構邪魔くさいと思うので(あっても使う人が少ない?)、バージョンの新しいインカムにはAUX端子が無くなっています。

モデル AUX端子の有無
FX4 無し
FX6 無し
FX8 有り
M1-S Pro 有り
M1-S Plus 有り

他社製品SENA(セナ)やB+COM(ビーコム)との接続比較

有名所のインカムであるSENA(セナ)やB+COM(ビーコム)との接続は可能なのか、レビューをもとに調べました。

あくまでもレビューでの口コミなので、確実ではありません。他社製とは繋がったり繋がらなかったりがありそうですね。

モデル SENA B+COM
FX4 ×
FX6 ○※1
FX8 ×
M1-S Pro
M1-S Plus

※1.SENAとは繋がらなかったというレビューも何件かありました。

FODSPORTSインカムの取り付け&インプレ動画

各モデルの取り付け&インプレ動画です。だいたいのインカムの取り付け方法は一緒です。

FX4 PROの取り付け&インプレ動画

動画引用元:youtube「Siriも使えるし、FMラジオも聞ける!2020年最新版バイクインカム『FODSPORTS FX4 PRO』のご紹介/#239」

ガクチャンネル / Gaku Channel様が、M1-S Proと比較しつつ、かなり細かいポイントまで紹介してくれています。感謝です!

FX6の取り付け&インプレ動画

動画引用元:youtube「視聴者からインカムをプレゼントしてもらったのでレビューしてみた!」

とよちゃんガレージToyoGarage様が取り付けからレビューまでしてくれています。イヤーパッドが分厚め(片方約1cm)な点が気になるとのこと。つける位置次第で対応できそうですが、不安な方は別モデルを選びましょう。

amazonレビューでもイヤホンが分厚くて痛いという声が2件ほどありました。

FX8の取り付け&インプレ動画

動画引用元:youtube「【CB400SB】インカム単体でFMラジオが聞けるFODSPORTS FX8!siriも使える⁉スマホナビとの相性は?」

権田オヤジの気まぐれロード様が、グローブ着用時の操作感や音声操作など、様々な検証をしてくれています。感謝です!

M1-S Proの取り付け&インプレ動画

動画引用元:youtube「FODSPORTSインカム「M1-S PRO」取り付け!」

初心者ライダーakiBO様が、取り付けから紹介してくれています。実際にインカムから聞こえる音声も聞けますよ!秀逸なインプレありがとうございます!

M1-S Plusの取り付け&インプレ動画

動画引用元:youtube「【モトブログ】おススメ激安インカムM1S PLUSレビュー(gsr250」

ウエケンーUEKENーチャンネル様が細かい点までレビューしてくれています。AUXの必要性も学べました!ありがとうございます!

FODSPORTSインカム5モデル&デイトナなど他社インカムを比較

FODSPORTSインカムのライバルにあたるLEXIN(B4FM)のインカムや、デイトナ(DT-E1・DT-01)、サインハウスビーコム(SB6X)、SENA(20S EVO)の定番機種を比較してみました。

不明だった部分もありますが、お役に立てれば幸いです。

FODSPORTS-インカム比較表

デイトナ、ビーコム、SENA-インカム比較表

中華製の安いインカム→デイトナのイージートーク3(かなり前の1万円ぐらいのモデル)を使ってきた自分としては、2~3万円の高級インカムじゃなく、1万円程度の中華インカムでたいていの人は満足できると考えます。

デイトナ DT-E1 インカム
created by Rinker
デイトナ DT-01 インカム
created by Rinker
LEXIN B4FM インカム
created by Rinker
B+COM(ビーコム) SB6X インカム
created by Rinker
Sena 20S EVO インカム
created by Rinker

レシンに関しては比較記事を書いています。
コスパ最強の中華インカム「LEXIN(レシン)」の違いを比較。2021年もアップデート中のLX-B4FMがおすすめ!

まとめ「個人的にはFX6かFX8が良い」

個人的にはラジオも聞けてBluetooth5.0搭載で電池消費効率の良いFX6がおすすめです。

FODSPORTS インカム FX6
created by Rinker

AUX端子がある方が良い場合は(優先接続も使う場合)FX8ですね。

FODSPORTS インカム FX8
created by Rinker

M1-S Proは発売年が古いのでレビューは多いですが、性能的にはFX系に劣ります。

ただ、どのモデルも十分に使えるインカムです!!全てのモデル、私が使用中で十分に使えているイージートーク3と比べて遥かに高性能なので。

使用人数や見た目の好みもあるとは思いますので、好きなものを選んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください