CT125 ハンターカブにおすすめの可倒式オフロードミラー。正ネジ10mmでポン付け可能、鏡面サイズが純正より大きく視認性が良い。

CT125-ハンターカブにおすすめの可倒式オフロードミラー。正ネジ10mmでポン付け可能、鏡面サイズが純正より大きく視認性が良い。

CT125 ハンターカブのおすすめミラーをご紹介します。

  • 「CT125ハンターカブ純正ミラーの視野が狭く見にくい」
  • 「狭い場所に駐輪する時にミラーが当たる」
  • 「車にトランポする時にミラーが干渉する」
  • 「林道など細い隙間すり抜けの時にミラーが邪魔」
kemimotoのオフロードミラー、価格も3000円以下と安いので、初めての角度調整式ミラーとしておすすめです!

youtubeにてJiro-maru-39様がめちゃくちゃわかりやすい交換/レビュー動画をアップしていてくれているので、取り付けも心配なし!

CT125ハンターカブにおすすめ「kemimoto オフロードミラー」

kemimoto 可倒式ミラー CT125
created by Rinker
おすすめポイント

  • 鏡面が大きく純正と比べ視認性がアップする
  • 角度調整で自分の見やすい角度にできる
  • 折り畳める
  • オフロード感のあるデザイン、フレームも黒(ブラック)なのでオシャレ
  • ミラーの角度を調整できるので狭い道もすり抜けしやすい
  • 価格と品質のバランスが良くコスパ良好
  • kemimotoはサポートが充実しているので不具合・不良があっても安心
気になる点

  • 可倒式の宿命として、走行距離に応じてミラーが倒れてくるので定期的に締め直しが必要。純正ミラーと比べ少しだけ手間がかかる
  • 逆ネジじゃなくなるので、ぶつけないように注意が必要?(そもそもぶつける前提じゃないと思いますが)

DRCのオフロードミラーや1000円くらいの安いオフロードミラーとも迷いましたが、販売セラーの評価、amazonレビュー、youtubeインプレを見て回った結果「kemimoto」が1番良さそうです。

CT125ハンターカブ 「kemimoto オフロードミラー」交換取り付け/インプレ動画

動画引用元:youtube「ハンターカブCT125にオススメのオフロードミラーはカッコ良くて可倒式 すり抜け通勤快速だ!!」

農業チャンネルを運営されている「次郎丸チャンネル」さんのサブチャンネル「Jiro-maru-39」にて「kemimoto オフロードミラー」の取り付けからインプレまでの動画が紹介されていました。

取り付けもインプレもすごくわかりやすく、とても参考になります!

交換には14mmのスパナもしくはレンチを使います。

SUN UP コンビネーションレンチ 6丁組
created by Rinker
↑みたいなセットが一つあるといいですね。ちなみに現時点の価格が送料無料で495円なのですが・・・ダイソーで買うより安い。

CT125ハンターカブのシート下、ガソリン給油口のところに付属されている六角レンチでkemimoto オフロードミラーの角度調整&締め直しが可能という情報は目からウロコでした!

バイクミラーの正ネジと逆ネジとは?

CT125ハンターカブの仕様は、「車体 正ネジ10mm」「正→逆アダプター」「純正ミラー 逆ネジ10mm」です。

車体自体は正ネジ仕様なので、kemimoto オフロードミラーのような正ネジ10mmのミラーはそのまま取り付けできます。

私は「逆ネジってなに?」という状態だったので、少し説明を書いておきます。

タイプ ネジ方向
正ネジ ネジを頭から見て右に回すと締まる
逆ネジ ネジを頭から見て左に回すと締まる

走行中、右ミラーを壁や柱にミラーをぶつけてしまった場合、正ネジの場合ネジを締める方向(右回り)に力がかかってしまうので、ミラーが折れてしまったりハンドルをとられる可能性があります。

逆ネジの場合、右回りに力がかかると緩む仕様なので、破損などのリスクを抑えることができるとのことです。

ただ、そもそもミラーをぶつける前提で走っているわけじゃないので、そこまで気にする必要ないかなと思います。

可倒式ミラー(折り畳めるミラー)のメリットとデメリット

可倒式ミラーとは、簡単にいうと折り畳めるミラーです。

一般的に言われているメリットは以下の通り。(以前主流だったボールジョイント式は省きます)

メリット

  • 転倒してぶつけた場合にもネジが緩むので壊れにくい
  • 折り畳めるので狭い駐輪場や車にトランポする時に干渉しない
  • 見やすい角度に調整できる
デメリット

  • 純正と比べると振動でブレやすい
  • 角度調整部分が徐々に緩むので、定期的に六角レンチで締める必要がある

破損防止効果がどこまであるかはわかりませんが、可倒式ミラーへの交換は価格的にも効果的にも試してみて損はないプチカスタムだと思います!

まとめ「CT125ハンターカブのミラーが見にくいと感じている場合は試してみる価値あり!」

「kemimoto オフロードミラー」は3,000円以下でポン付け可能です。

kemimoto 可倒式ミラー CT125
created by Rinker

amazonでは1,000円くらいから可倒式オフロードミラーが販売されているので、そういった激安ミラーで試してみるのもありだと思います。

現状でCT125純正ミラーに少しでも不満がある方は、ミラーカスタムぜひ試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください