CT125 ハンターカブのマフラーは熱いのか?素手と短パン生足で実験しました。

CT125-ハンターカブのマフラーは熱いのか?

「CT125 ハンターカブのアップマフラーは熱いんじゃないの?」そんな疑問にお答えすべく、色々と実験したので参考になれば幸いです。

結論だけ言うと↓の通りで、CT125 ハンターカブのアップマフラーは、ダウンタイプのマフラーと変わらないぐらいの熱さですし、マフラーガードのついていないダウンタイプマフラーよりはよっぽど安全な気がします。

CT125マフラー実験結果

  • 熱くない
  • マフラーガードが優秀
  • 短パン生足2人乗りでも余裕

↓楽天ROOMの機能で自分の装着したカスタムパーツをまとめました!!↓

CT125 ハンターカブのマフラーガードは素手で触るくらい熱くない

CT125-ハンターカブマフラーガードは熱くない

CT125 ハンターカブはマフラーガードがとても優秀です。

長距離走ってマフラーが「ピキピキ・・・」と音を立てるぐらいに熱くなっていても、黒いプラスチックの部分は全く熱くないですし、銀色のスチール製ガードもほんのり暖かいぐらいで火傷するほど「熱い!」と感じることはありません。

昔乗っていた250TRの社外マフラーやリトルカブのマフラーは、マフラーガードがついていなかったので、バックパックが当たって焦げてしまったりしたことがあります。CT125 ハンターカブではそういった不安を感じません。

CT125 ハンターカブは短パン生足で2人乗りしても熱くない

CT125-ハンターカブマフラーガードは2人乗り素足でも熱くない

CT125 ハンターカブは短パン生足で乗ってもマフラーがめっちゃ熱いと感じることはありません。アップマフラーじゃないバイクと同じぐらいです。
※「生足でバイクは危ない」という話は別にして

マフラー熱々の状態で、運転席だけじゃなくピリオンシート(2人乗り用のタンデムシート)にも生足で座ってみましたが、やはり全然大丈夫です。CT125 ハンターカブのタンデムステップ(後部座席の人が足を乗せるパーツ)は横に突き出していて足の内側がマフラーに接近するということもありません。

マフラー自体もマフラーガードでしっかりと熱対策されているし、足が接近することもないので熱くない、ということですね。

CT125 ハンターカブのアップマフラーは「熱いのか」まとめ

CT125 ハンターカブのアップマフラーは熱くありません!生足で2人乗りも余裕です。

一般的なバイクのダウンマフラーと熱さは変わりませんし、優秀なマフラーガードがガッツリ装着されているので、普通のバイクのマフラーより安心感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください