購入したCT125カスタムグッズのまとめはコチラ。

【シフトインジケーター搭載】CT125 ハンターカブ用カスタムメーター「OPMID OP マルチメーター」が有能すぎる【取付け工賃も紹介】

CT125 ハンターカブ、シフトインジケーターないのでギアポジションがわからないってことがよくあります。

今回は、社外カスタムメーターとして素晴らしすぎる「OPMID(オプミッド) OP マルチメーター」が発売され、即完売していたのでご紹介します。

オプミッドメーターの嬉しいポイント

  • シフトインジケーター搭載
  • タコメーター搭載
  • 時計表示
  • 安っぽくない
OPMID(オプミッド) OP マルチメーター「CT125」※Amazon無し
created by Rinker

↓楽天ROOMにカスタムパーツのリンクまとめてます!↓

「OPMID(オプミッド) OP マルチメーター」のおすすめポイント


動画引用元:youtube「OPMID モンキー125・CT125 用マルチメーター」

OPMID-OP-マルチメーター_001
OPMID-OP-マルチメーター_002
画像引用元:ENDURANCE 楽天市場店(楽天アフィリエイト)

ここまで完成度の高い社外カスタムメーカーって今まで見たことありません。

個人的に嬉しいポイントは以下の2つ。

1.ギアポジションがわかるシフトインジケーターが内蔵されている

OPMID-OP-マルチメーター_003-ギアポジション

「純正でつけとくべきだろ!」と思うのですが、なぜかついていないシフトインジケーター。

今まで販売されていた社外品シフトインジケーターって「小学生の工作か?」と思うぐらいちゃっちいのばっかりだったんですよね。「割り箸の先端に番号札が付いた」みたいな。昔のクイズ番組で回答者が持ってたやつみたいな。とにかくクッソしょぼかったんですよ。

OPMID OP マルチメーターにはスタイリッシュにシフトインジケーターが組み込まれています。視認性バッチリです。欲を言えばギアによって色が変わったりしたら嬉しかったかな。

前に乗ってたCBR400RにもCT125 ハンターカブにもシフトインジケーターが付いてないんですが、CT125 ハンターカブはCBR400R以上に「今、何速なのか」わからなくなる感じなので、これは本当に嬉しいです。

2.タコメーター&時計表示

「普通はタコメーターがつくのが嬉しい!」と思う人が多いと思いますが、個人的には時計が嬉しいです。自分は左利きで右に腕時計つけるので、時間見るのちょっと不便なんですよね。

CT125 ハンターカブってタコメーター無くても全然平気なバイクだと思いますが、LEDのタコメーターが動くのは視覚的に楽しそうです。

「OPMID OP マルチメーター」をCT125 ハンターカブに取付ける方法


動画引用元:youtube「OPMID 取り付け オプミッドのCT125用マルチメーター」

OPMID(オプミッド)さんが公式でCT125 ハンターカブへのOPMID OP マルチメーター取付け動画をアップしてくれています。

カメラの角度など、とても観やすく考えられていて、親切丁寧なメーカーさんなんだなと伝わってきますね。

OPMID OP マルチメーター予約先

OPMID OP マルチメーターは、ENDURANCE楽天市場店、yahoo市場店などで販売されていました。購入希望の場合は2020年12月に第2ロットの入荷予定とのことなので「再入荷のお知らせ登録」をしておきましょう。

2021年6月現在、次の入荷は8~12月となっています。在庫問題・・・中々解決になりませんね。

OPMID(オプミッド) OP マルチメーター「CT125」※Amazon無し
created by Rinker

他社のCT125ハンターカブ用カスタムメーター

SPタケガワなどからもカスタムメーターは発売されています。好みで選びましょう!

動画引用元:youtube「【CT125】スーパーマルチDNメーター等を装備してみました」

OPMID OP マルチメーターの方がクオリティーが高く安いいので、個人的にはOPMID OP マルチメーターがオススメです!

まとめ「OPMID OP マルチメーターはおすすめのカスタム」

CT125 ハンターカブのカスタム、もうある程度満足していましたが、OPMID OP マルチメーターは即購入を決めてしまいました。

純正のメーターもかなり質感良くて高級感あるんですが、インジケーターがついてないのは結構不便で・・・ということで、12月の再販まで楽しみに待ちます!

↓楽天ROOMの機能で自分の装着したカスタムパーツをまとめました!!↓

2020/10/28追記「アップデートによる納期遅延」

オプミッド様よりメールにて以下のご連絡をいただきました。12月納期の予定が、1~2ヶ月遅れるそうです。

以下の文面からもオプミッド様は品質・ユーザーのことをしっかりと考えているメーカー様だと感じます。

お客様各位

お世話になっております。
先日はM1204 OPマルチメーターのご予約をありがとうございます。

お待たせしているなか大変申し訳ないのですが、この度、作動用プログラムのバージョンアップをすることが決定し、それに伴った納期遅延のお知らせをさせていただきます。

お客様には大変なご迷惑をおかけすることになり、心よりお詫び申し上げます。

初回ロットの第2期目分が完成間近だったのですが、予想を超えたご予約に生産スピードが追いつかない状況の中で、どのタイミングでバージョンアップするかを悩んだ結果、まだ出荷数の少ないこの段階で行った方が良いという決断に至りました。

●納期について
現段階では更新内容の概要を決めたところで、これからプログラムの制作と検証を行います。ゼロからの作業ではありませんが、検証時間と完成品の書き換え作業もあるため、1、2ヶ月単位での遅延が予想されます。
このような曖昧なご連絡になってしまい誠に申し訳ございません。
納期よりも完成度を優先という当社の方針をご理解頂けると幸いです。
業者様/個人様合わせて、ご予約の順番に出荷することに変わりはありません。

なお、これまで通りご予約のキャンセルはいつでも可能です。
今後「納期の状況のご報告」「出荷準備完了」等のご連絡をさせていただきますので、その際にキャンセルかどうか決めていいただければと思います。

●バージョンアップの内容は以下の通りです。

1. 温度計機能用選択プログラムの追加
元々備えていた3つ(「純正温度センサーOBD準拠値」、「純正温度センサー利用 + Aracer社製フルコン装着車用」、「オプションの外付け温度センサー用」)に、「当社独自データー仕様」を追加して、合計4つのモードにします。

2. ガソリン計のプログラムの修正
当商品を開発する段階では、国内外すべてのモンキー125およびCT125の正確な情報が得られていない状態であり、安全性を考慮し、実残量が多めになるように設計しておりました。継続調査により正確な数値を得られましたので、それに基づいた修正になります。

3. ギアポジション機能用カットオフRPM入力項目の追加
指定の回転数(0〜4000rpmの間で設定可)以下では、ギアポジションの算出結果の表示を消す機能です。CT125おいて、1次側の遠心クラッチの関係による曖昧な表示の出易い低回転域で、表示の有無をお選びいただけるようになります。

追加機能の詳細については、当社サイトと製品に付属の説明書に記載いたします。

●出荷済みの初回ロットの第1期分について
そのまま使用していただいて問題のない製品ですが、「1.」と「3.」については第1期分のお客様の声を元にして考案した物であり、交換のご要望にもご対応することが、このタイミングでバージョンアップを決めた理由のひとつでもあります。
出荷済みの販売店様/お客様には、対応方法について個別にご連絡させていただきます。

弊社の商品に期待してご予約していただいたお客様をお待たせしてしまう事になり、深くお詫び申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

オプミッド 須藤 10月28日

2020/12/08追記「オプミッド M1204 OPマルチメーターの出荷時期について」

12/18オプミッド様よりメールがきました!2021年1月から順番に出荷だそうです!嬉しい!

お客様各位

いつもお世話になっております。
この度は当社の製品の納品をたいへんお待たせしてしまい、申し訳ございません。
表題の件につきまして、現在の状況を報告させていただきます。
現在までのすべてのご予約分を1月中に発送できるように進めており、1月15日あたりからご予約の順番にメーターの出荷をさせていただく予定です。
出荷前に再度こちらのメールにて連絡させていただきます。

いましばらく、お待ちいただきますようお願い申し上げます。

追伸

オプミッド 須藤 2020年12月8日

2021/01/23追記「オプミッド M1204 OPマルチメーターの納期について」

1月中旬から発送されているオプミッド M1204 OPマルチメーター、自分の分は来週末(1月最終週)発送だそうです。

2021/02/08追記「オプミッド M1204 OPマルチメーターの取り付け工賃などをレビュー」

私はオプミッド M1204 OPマルチメーターをお店で取り付けしてもらいました。

メーターの取り付け工賃は4000円でした!

オプミッド OPマルチメーターに変えて2ヶ月使用してみましたが、結果的に「変えて良かった」と思っています。

気になる点は、タイヤが回転していないとインジケーターが表示されない点です。

信号待ちの間は何速に入っているかわかりません。少しだけ動かすとインジケーターにギアポジションが表示されますが、停止状態でも表示されるほうがいいですよね。

ただ、メーターは明るくて見やすいし、デザインも魅力的ですし、気になる点を踏まえても、変えてよかったと思っています。

CT125 ハンターカブ シフトインジケーター(ギアポジション)

ギアポジションだけわかればいい、ハンターカブにシフトインジケーターだけを付けたい場合は、アイプロのシフトインジケーターがシンプルで良いいですね。

Amazon の解説写真のようにメーターにぴったりつければ後付の違和感もあまり感じません。レビューも良いし、アイプロが今のところ一番良さそうです。

アイプロ ハンターカブ CT125 シフトインジケーター(amazonのみ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください