購入したCT125カスタムグッズのまとめはコチラ。

CT125 ハンターカブにデイトナハンドルカバーをつけて防寒対策!オススメです!

CT125-ハンターカブにデイトナハンドルカバーをつけて防寒対策!オススメです!

CT125 ハンターカブにデイトナのハンドルカバーをつけてみました。

防寒・防風・防水という点だけ考えると満足ですが、ウィンカー操作はかなりしづらいです。間違ってクラクションを鳴らしてしまうこと頻発!

寒い冬場の長距離ツーリングを快適に過ごしたい方や、分厚い手袋をつけたくない人は是非検討してみてください!

シールドもつけると最強ですね。
>>CT125ハンターカブのおすすめウインドシールドまとめ。防風・防寒対策効果はあってもダサい・・・

↓楽天ROOMの機能で自分の装着したカスタムパーツをまとめました!!↓

CT125 ハンターカブに「デイトナ バイク用 ハンドルカバー ブラック」を装着!

今回購入したのは↓のデイトナ ハンドルカバーです。安いのにしっかりと風を防いでくれるのでとても暖かいです。

DAYTONA (デイトナ) ハンドルカバー 95920
created by Rinker

自分はCT125 ハンターカブに純正のグリップヒーターもつけているので、真冬でも手が熱いぐらいだと思います。

バイク用ハンドルカバーの付け方

「デイトナ バイク用 ハンドルカバー ブラック」ですが、取付けで戸惑う方が多いと思います。

わかれば簡単なのですが「まさかこんな付け方?」って感じの付け方なんです。

デイトナ バイク用ハンドルカバー 付け方
画像引用元:デイトナ バイク用 ハンドルカバー ブラック/オレンジステッチ ハンドルウォーマー 防水 防寒 防風 95920

写真の通りなんですが「ハンドルカバーを開いてハンドル全体を覆うようにつけるのでは・・・?」とか余計なことを考えてしまって迷う方も多いと思います。

上記の写真の①の通り、真横から穴にズボっと差し込むだけです。そして、ミラーの軸に紐で縛るだけ。わかれば簡単です。

CT125 ハンターカブに取付けた際の写真

CT125-ハンターカブへのバイク用ハンドルカバーの付け方

写真の赤丸部分は薄い合皮素材です。スイッチ類はハンドルカバーの合皮素材越しに操作することになります。

CT125 ハンターカブのグリップとレバーは太めなので、穴を拡張する必要があります。ハサミで切り込みを入れて、穴を広げましょう。

CT125 ハンターカブにハンドルカバー装着。ダサいと思ったらそうでもない!

CT125-ハンターカブにデイトナ「ハンドルカバー」装着1

CT125-ハンターカブにデイトナ「ハンドルカバー」装着2

CT125 ハンターカブへのハンドルカバーを装着した状態の写真です。

ダサいかと思ってましたが、CT125 ハンターカブといえどもカブなので、よく似合っていてダサくないと思います。

バイク用ハンドルカバーがあっても買い物袋はぶら下げられる

CT125 ハンターカブにハンドルカバーをつけることで一番心配していたのは「買い物袋をかけられなくなるかもしれない」という点でしたが、ミラーの軸を通して買い物をかけることができました。

CT125-ハンターカブ-バイク用ハンドルカバーがあっても買い物袋はぶら下げられる

CT125 ハンターカブにハンドルカバーをつけることでのメリット・デメリット

CT125 ハンターカブにハンドルカバーをつけることでのメリットデメリットをおさらいしておきます。

メリット

・防寒・防風・防水で暖かい

デメリット

・ウィンカーなどが多少操作しづらくなる(クラクションに干渉して鳴ってしまう)
・人によってはダサいと感じる

まとめ「ハンドルカバーがあれば冬場も暖かい」

CT125 ハンターカブにデイトナのハンドルカバーをつければ、真冬でも夏用手袋で過ごせそうです。

もちろん、グリップヒーターがなかったとしても大丈夫です。

見た目もそんなにダサいって感じでもないし、個人的にはオススメです。

使用開始1ヶ月、やっぱりウィンカー操作は慣れません。工夫して加工するしかないかも

↓楽天ROOMの機能で自分の装着したカスタムパーツをまとめました!!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください